読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nuviが届いた!

 

ちょっと前にKickstarterで出資していた製品が完成して、ようやく手元に届きました。

www.kickstarter.com

 

いわゆるアイマスクというやつです。1月には出荷されるはずだったのが中国の春節で製造が遅れて、なかなか届かなかったので不安でしたが、ようやく届いてホッとしてます。壊れないでちゃんと動いてくれれば良いですが。

機能面や使い勝手、効能は別途ということでとりあえずはどんなものが届いたのかを紹介します。

f:id:tx1110:20170309231208j:plain

箱はこんな感じです。少しひしゃげているのは、我慢しましょう。

 

f:id:tx1110:20170309232902j:plain

中身はこんな感じです。思った以上に大きかったですが、顔がでかいのでちょうど良いはずです。

 

f:id:tx1110:20170309232933j:plain

とりあえず充電して使ってみます。

 

Windows10の有線LANが不安定なときの解消方法(2)まだまだ甘かった

以前の記事で書いて一度は解決したと思ったけど、実はまだまだ甘かった。

tx1110.hateblo.j

 

上の記事で対策ができたと思っていたけど改めて、bootcamp上に入れたWindows10を使うとネットワークが切れる事象が再現しました。

前回の設定で完璧なんじゃないのか。

結論的には結構メンドクサイ話のようです。

 

我が家の構成は次の通りです。

macbookのtype-cポートからひとつ目のUSBハブへ。

ひとつ目のUSBハブにはPDポートとHDMIとふたつ目のUSBハブへ。

ふたつ目のUSBハブには無線マウス用のドングルとUSBキーボードと、有線LAN(ギガポート)へ。

 

ネットで知らべるとUSB機器の相性とか20世紀な言葉がヒットするばかりです。とりあえずはすがるものも無いから、PDポートから充電を抜いてみる。一番ノイズ源はこいつだろう、という推測で。

これもダメで、結論的には再現します。

しばらくpingルーターに打ち続けて、別のことをしてたら、ディスプレイがパワーオフと時を同じくして、pingも切れた。

 

これは省エネモードの悪さか。

とようやく辿り着きました。ひとまず電源周りの設定を一通りオフる。かれこれ調子が良い気がします。

またしばらく様子見ということで。

 

Windows10の有線LANが不安定なときの解消方法

ずいぶんと更新ができてませんでして、アレですが、いろいろハマった件の備忘録として以下を書きます。

  • 症状

MacbookにWindows10をインストールしたときにインターネット接続が不安定になる。

自宅無線LANに接続するときが不安定、自宅有線LANに接続するときも不安定

屋外でWifiルータ経由で接続するときは問題なし。

有線LANに特化した言い方をすると、数分使っていると画面右下タスクトレイにビックリマークがである。何の契機かわからないけど突然ビックリマークが出る。

ルーターに対してpingを打ち続けると確かに、タイムアウトして復帰するときもあれば、復帰しないときもありよくわからない。

  • 分析

症状からすると自宅に問題があるのが間違いないが、自宅のほかのPCはみなWifi接続で問題なし。

Macで起動すると問題なし。

推測するとbootcampのドライバが問題なのか。

ちなみに有線LANはUSB3.0のdodocoolのやつ。Macで問題ないから、こいつの問題はたぶんなし。

  • 対策

調べていろいろ試した結果2つの対処が必要だった。

  1. ドライバの設定変更
    バイスマネージャで見るとRealtek USB GbE Family Controllerがいて、こいつのプロパティから、「詳細設定」タブを開いて、「ARP オフロード」、「NS オフロード」を無効化、そして、省電力型イーサーネット(EEE)も同じく無効化
    次に、「電源の管理」タブを開いて、「電力節約のために、コンピュータでこのデバイス電源をオフにできるようにする」のチェックを外す。
  2. TCPの設定
    ネットワークアダプタのプロパティを開いて、「インターネット プロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」のチェックを外す。

1.の手順でなんだかわからないけどビックリマークが出る問題が解消したけど、これだけでは不十分でした。この対処のあとWebブラウズするとその都度有線LANが切れる。ルーターに対してpingを打ち続けると、明らかにブラウザ経由でhttpリクエストが発生する旅に30秒ほどタイムアウトが発生して、その後に復帰する事象に変わりました。

そこで2.の手順を実施しました。

これで問題が解消した様子です。

有線LANについては1.と2.の対策で完治した。無線LANについては2.の対策で完治した。

症状から分析すると1.はドライバ固有の問題と想定できて、設定で回避することで問題なし。2.はわからないけどルータ側がIPv6に関する傷を抱えているのだろうと想定しました。

ひとまず問題ないので、このまま運用します。

丸20日間も未更新だった。

ちょっとだけ仕事が忙しかったり、年末に向けてプライベートもバタついていたりでブログ更新ができませんでした。

早いもので2016年も間もなく終わり。

年末最後の散財はMacbookの購入。一週間前に京都出張の帰りの新幹線で整備品Early 2015を発注してしまった。元々Macbookに10万円も出せんわと思っていたけど結局1.3GHz/512GBの一番いいのを選択して13万円ぐらいだったかな。

12/16に注文して翌日昼には宅配されるという脅威の配送能力にたまげて、そのまま一週間以上箱に入れたまま放置していました。

でクリスマスイブの日にようやく電源を投入する。今日は仕事にも連れてきました。早速仕事に遅れており、いつものカフェでサボり中、かつドヤってます。

キーボードもなんとか使えそう。会社のパソコンのキーボードがMacbookみたいなペラペラなキーなのでそんなに違和感なく使えるようになりそうですわ。

さて、サボっているわけには行かないので、そろそろ仕事へ行きます。

やっぱり軽いのは良いので、会社のパソコンと合わせて二台持ちだけどなんとか耐えられそうです。

まじかい、激安すぎるやないかい。MR04LN

もう買い時ですよ。

しまったー

NEC Aterm MR04LN 3B モバイルルーター (OCN モバイル ONE マイクロSIM付) クレードル付属【Amazon.co.jp 限定】 https://www.amazon.co.jp/dp/B010F4OBT6/ref=cm_sw_r_cp_api_Hiyryb4VR00VP

【Kickstarter】Hy - hidden wireless earbuds you never have to take off

はじめに

Kickstarterでいま気になっている製品です。

もちろん出資済です。

 

www.kickstarter.com

 

どんな製品?

確実に翻訳できているわけではないので参考までにしてください。

特徴

キャンペーンサイトを読むと次のような特徴があります。

  • Bluetoothでつながるヘッドフォン
  • ノイズキャンセル付き
  • 音楽を聴く
  • 声でコントロールして電話を掛けられる
  • 1日中つけていられる。

BT接続で音楽を楽しめるるのは、もうありふれた製品だし、ノイズキャンセラ付きもずいぶん安く手に入るようになります。この製品で特徴的なのは形状とバッテリーライフにあります。

形状は補聴器のように耳の裏側本体があって、そこから虫の角・触覚のような細い部品に圧電素子があって、音がなる構造のようです。

耳の後ろに隠れる部分が本体になり、260mAhのバッテリーが組み込まれています。Creatorによると12時間の連続音楽再生ができるとのことで1日中と読んでいるとコメントがありました。気になるのが充電をどうするのか。キャンペーンサイトではMircro USBで充電する写真があるけど、両耳のパーツをそれぞれ充電しないといけないのかな。

wishbone driverという言葉がよく使われていて、わからないけど骨伝導のことですかね?

その他、温度センサー、頭の動きとか記録ができるらしい。

 

状況

ちょっとまでわからないことが多そうなので引き続き、様子を見ていきますが、119ユーロのSuper Early Birdに出資済です。

スケジュール

資金調達期限まであと29日。

調達目標68,000ユーロの3分の1ぐらいまで集まっているけど、少し難しいのかな・・・

ちなみに完成品の発送は2018年の1月だからまだ1年も開発にかかるらしい。それも危なそうだな・・・

 

手順書を作る人と必要とする人

メモ

はじめに

仕事の話です。

いままで割と若さでカバーしてきたけど衰えていく記憶力と、踏ん張りがきかない精神力のおかげで、初めて記録が紙(電子データでも何でもいいけど)として残らないとキツイなー、って話です。

仕事でメモを取ること

よく教わったことはメモれ、2度と聞くな的なことを言う人がいるらしいですが、僕は昔からナンセンスだと思っていたので、メモらない、1度で覚える努力をしてきました。この方法は教えてくれる相手との対面時の話で、教わっている時はメモらない、覚えるに努める、と言う意味です。その場では、まず記憶に定着させて、あとで何らかの手順なりフォーマット化するとか工夫をするわけです。

こんな努力をするのですがごく稀に記憶に残らないツマラナイことは割り切って聞きます。前教えたと言われても、教え方、説明の仕方が悪いとして相手のせいにします。

教え方による

だいたいよくできた人は、説明するための資料があったりするから、そもそもメモる必要がないわけです。ただオレ様仕様のメモだとわからないから、改めてわたくし様仕様のメモなり手順書なりに書き換えていうということです。

残念な説明者はそんなメモもなく、あっても誰かさま仕様のメモだからきちんと説明できなかったりとするわけです。

老化と手順書作りの必要性

で、タイトルの話に戻します。

僕の仕事では、何かの作業をするときに手順書を書かされます。

セオリーは「誰でもわかる手順書」です。めんどくさがりながらも作れというから、つくります。僕の場合は、冒頭にも述べたように若さを信じてカバーしてきたから、手順書がなくてもできると自分自身を信じているので、めんどうなことこの上なしです。

ただ、最近は自分も衰えてきたし、ずっと一緒に仕事をしてきた回り人も同じように老化が進行しており、年上の人ほど激しくボケ始めていて、去年できたことがだんだんできなくなることに気づきました。

ほぼ老人な僕らが仕事をすると、互いに言ってることがわからない、自分の聞きたいことしか会話しない、余計なことは言わない、耳が聞こえない、行動がトロく、報連相ってなんだっけ。

おまけに老眼で小さい字が読めない。そんな人付き合いを続けたら、いつの間にか、聞いたことメモれ、一回で覚えろと沸々とした気持ちが湧き始めるようになりました。

いかん、また脱線した。タイトルに戻します。

そういうこともあって手順書をつくることって大切だと思うようになってきたわけです。

手順書を作る人と必要とする人

そんな中振り返ると手順書が必要な人は、だいたい自分で手順書が書けない人なんです。何かを教えて手順書を書かしても、まともなモノが出来ないです。それ以前に作って、と言ってようやく作ってくれるけど、オレ様仕様のメモレベル。

逆に手順書を完璧に作れる人は、そもそも自分で作った手順書を必要としません。まぁカンペ作っているうちに覚えちゃった、的な話もあるだろうけど、そんなものです。

そんなことをふと電車の中で気づいて、忘れないようにメモった次第です。

私は手順書が作れないけど、手順書を必要としない稀有な存在です。ただし冒頭で述べたように老化が進行してきたので、もう手順書が必要な仕事はしたくないです。

ただのメモ書きです。