読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分煙について

メモ

はじめに

普段からよくカフェにいきます。

家よりカフェが好き。カフェで本読んだりゲームしたりと忙しいのだ。

いっときingressに専念していたときは、アイテム集めに適したドトールが近所にあるから頻繁に行ってました。

で、今回はカフェの分煙の話です。

分煙 - Wikipedia

分煙も目的は受動喫煙の防止だそうです。

地域性、条例によってマチマチだと思いますが普通のカフェは何かしら分煙されていてますが、店舗によっては分離が不十分でヤニ臭さが染み出てくるところもあります。僕は非喫煙者ですが、タバコの煙に特別抵抗感はないのです。しかし、いまのマンションに住み始めて、隣の家族がベランダでタバコを吸っていて、その煙が我が家に入り込むことから家族の嫌煙意識が炊き上がってきて、タバコのにおいをつけて家に帰るものなら、火祭りにあげられてヤキを入れられます。なもんでカフェ選びも慎重になります。

という前提の元に、カフェの分煙と近所の武器庫であるドトールの話をします。

カフェの分煙について

カフェによって分煙の考え方は割と統一されていて、大体コーヒーの単価が高いお店ほど完全禁煙>分離型>仕切り型になっているように思います。

例外はあるけど、完全禁煙は文字通り禁煙。分離型はフロア単位で分けているものや強固な扉でわけていて空調がしっかりしているもの。仕切り型は仕切りで区切っているけど、扉がしょぼく煙が染み出てくるもの。ぐらいの緩い定義と思ってください。

例外はあるけど、コーヒー単価が安い店ほど分煙対策が甘く、仕切り型になっていると個人的に思ってます。

いまのご時世大体は空調がしっかりしており分離型が整備されているのですが、最近の傾向としては謎の喫煙者がいます。

彼らは禁煙席に陣取り、タバコを吸うときだけ喫煙席に移動します。こういった人がいると禁煙席が1席(普通二人分)が減り、1~2名の禁煙者が困ります。この人が喫煙を終えてくると服や呼吸からタバコの臭いが滲み出て空気が澱みます。彼らは気づいてないですが、彼らの口からでるタバコの臭いは禁煙者の目で見たとき確実に黄色く澱んでます。禁煙室は透明で澄んだ空間なのでオジサンから染み出る黄色い吐息は目からヤラレマス。オジサンの吐出す汚染された空気を吸ってしまったと思うと気持ち悪くなります。オネイサンなら耐えますが。

で、何が言いたいかというと謎の喫煙者は勘弁してほしいという話です。

近所の武器庫の話

前述の通り近所の武器庫として使っていたカフェの話をします。

ingressをやったことがある人ならわかりますが、武器集めに小一時間座りながら時間を費やすことは有意義です。

その武器庫は5~6個ポータルが入って、エージェントが多く住んでいて自軍・敵軍と入れ替わりはあるもの割とレベルの高いポータルができやすいので武器集めに最適です。割と入れ替わりが激しいエリアなので、敵軍からの攻撃があったら武器庫から高みの見物で「ほーあいつが○○か。」と余裕かましながらコーヒーをすすります。

分煙の話に戻します。

近所のカフェは分離型で、喫煙部屋は喫煙者がモクモク、禁煙部屋は老人がガヤガヤとうまいこと棲み分けができていて、ガヤガヤはまた別の問題でうっとおしことこの上ないけど我慢してきました。

しかし最近の改装によって喫煙部屋が座席なしのスタンディングスモーキングな部屋というかルームに変わってしまった。代わりに禁煙部屋の床面積は増えたけど別の弊害が出てきました。

空調もバッチリなんだけどほとんどの喫煙者が禁煙部屋へ染み出てくる事態に変わってしまった。空気汚染はないけど汚染された人が染み出てくる事態になってしまったのです。

いままでの禁煙部屋には老人が多数いてガヤガヤうるさかったのだけど、実は気づかなかっただけでしたが、喫煙部屋にも老人が多数いてモクモクガヤガヤしてた。そこへきて、禁煙部屋の老人と喫煙部屋の老人の融合が起きてモクモクガヤガヤがレベルアップしてしまった。

僕がingressに対する情熱がしぼんだ原因の一つがこのカフェ問題でもあると思います。

文句ばかり書いてオチがないから困ったものです。